さとちん

モテない童貞が好きな子に悩む、しょうもないこと5選!

f:id:Satochinn:20180801231452p:plain

僕は、友だちの女の子と話をしていて、

「男ってどうしてそんなに悩んでんの?女の子は何も考えてないから。」

と言われ、ドキッとしたことがあります。

 

モテない童貞だから、女の子の何とも思ってないしぐさや行動に「意味」を感じてしまうのです。

今回は、「童貞が好きな子に悩むしょうもないこと5選!」をまとめました。

 

「LINEの返信が遅いだけで、嫌われた」と勘違い

モテない童貞は女の子からのLINEに慣れていません。

返信を送って、1時間たってもLINEの返信がない時には、5回くらい既読がないか確認したりしています。←これマジ

 

LINEの返信がなかった日は、この世の終わりのような死んだ魚の目をしています。

その後、連絡が来たときには、獲れたての魚のように死ぬほど喜びます。

 

女の子は何とも思ってない友達のLINEを放置する行為はモテない童貞を苦しめ、もて遊び、悲しませ、嬉しくさせる行動なのです。

※モテない童貞は女の子とLINEができているだけで死ぬほど嬉しいので、女の子のみなさん優しくしてあげてください。

 

LINEの一言一句の意味や文章に悩む

モテない童貞はLINEの一文字をご飯が喉を通らないほど考えます。

挙句の果てには、「そう思う」「そうだよね」の意味の違いまで調べます。

 

ちなみに、女の子からの返信の意味まで考えてしまいます。

「うん。そうだね。 ^^)」という絵文字が来るだけで、どう意味でこれを送って来たのか悩みます。

 

モテない童貞は本当に些細なことでも悩んで、考えて、文章を作って、好きな子にLINEを頑張っているのです。

 

絵文字が多いだけで好きだと思う

モテない童貞にとって、絵文字やスタンプを多く使ってくれる女の子は両想いだと思っています。

 

 「そっけないはずの女の子が、わざわざ絵文字を使って、文章を考えてくれている」と思うだけで童貞はすごく嬉しくなります。

絵文字やスタンプは、それだけ童貞の心を揺さぶります。

 

絵文字をつかってくれる女の子は僕のこと好きでいてくれてると思うし、すぐ好きになります。ここまでいくとこじらせすぎかもしれません

 

ご飯に誘うのは、絶対に無理だと悩む

モテない男子は好きな子を気軽にご飯に誘えません。好きな子を気軽にご飯に誘うのは怖いし、勇気がないからです。

 

童貞は頭の中で「ご飯=デート=両想いがやること」という関係式が成り立っているので、好きな子を誘うのは簡単ではありません。

 

モテない童貞にとって、ご飯を誘うのができないのが一番の悩みなのです。

 

「あの子は僕のこと好きじゃないから」と勝手に悲観

童貞は好きな子が両想いじゃないと分かったら、どうせあの子には好きな人がいるだろうし、ぼくなんか…と悲観的になります。

それは、たとえ、女の子に好きな子がいなかったとしても悲しみます。

 

童貞にとって「両想い」「諦める」しか選択肢がないのです。

童貞の思考回路は、「恋愛は両想いだから成立するものだし、それ以外だと付き合う権利がない」なのです。

 

モテない童貞は無理だとおもった時、自分の好きだという心や気持ちに蓋を閉じて、好きな子への気持ちを我慢します。

だから、モテない童貞のままなのです。

 

まとめ:童貞は心優しい存在

童貞は相手も自分も少しでも傷つくこともしないし、言いません。

それは時に「小心者」と言われるかもしれないけど、違います。

 

童貞は心の底から優しさを持った人です。

結婚したら絶対にあなたのことを幸せにしてくれます。

そういう人だと思ってあげてください。

 

さとちん