さとちん

お金の投資から自己投資へ

f:id:Satochinn:20180728125838p:plain

こんにちは。

さとちん(@satochinncom)です。

 

1年前から投資を頑張っていて、投資だけで1ヶ月で10万円を稼ぐ月もありました。

だけど、僕は株やFXの投資を一時的に辞めることにします。

僕が「投資を辞めることに決めた理由」「自己投資」について説明します。  

 

辞める理由①機会損失

投資をやめる大きな理由の1つに機会損失があります。

機会損失とは、ある意思決定をしないことで利益を得る機会を失い、それにより生じた損失のことをいいます。

参照:機会損失とは?意味や使い方は?問題点や予防・対処法は?機会費用との違いは? | BRAVE ANSWER

 僕たちは普段、いい選択だと思ったことでも機会損失をしています。

例えば、近くのスーパーより遠くのスーパーの方が安いと思って、買い物をしたとします。しかし、遠くのスーパーに行ったガソリン代や時間は失われて、その時間でできたコトを失っているのです。

 

僕は、投資でトレードをしている時間や考えてる時間が僕を苦しめていた。

授業中も、ご飯を食べる時も、数字が気になってしまいました。次こそは上昇する、どうして下がったんだろうと考えてばかりでした。

友だちから言われてもなお、そんな状態が続いていました。

 

大学生なので、課題やグループワークに追われて、投資から遠ざかった時に、僕は気づいてしまいました。

「投資ばかりで、何も残っていない」

 

僕は株やFXなどの投資をしてばかりで、学生が楽しむべき旅行や遊び、恋愛、勉強を犠牲にしてしました。

つまり、得られたはずの経験の機会を失っていたのです。

 

これはなってはならないことだと思い、投資を辞めることに決めました。

 

辞める理由②市場が不安定

株やFXなどの投資環境に置き換えてみると、今は、市場が不安定な状態で、ひとつのニュースで値動きが大きく動いてしまうのです。

 

特に今は、2つの問題で扱いづらい要因となっていると考えます。

高値圏

今、日本株やアメリカ株の平均株価は高いところに位置しています。

景気が良くて、企業は成長を続けるので、株価が上昇するのは必然的なのですが、高値圏でもなお上昇しているので、僕は扱いづらい。

 

日本で数十年前にバブルが弾けたように、既に高い位置にある株価は落ちてしまうことが多い。

それに、高い株価がどこまで上昇するかは誰も予想することはできません。

 

僕はきちんと予想のできない投資が怖いです。なぜなら、自分の理解できる範囲を超える投資は大きな損を招いてしまうからです。

 

政治不安性。

 今、政治によって、株価も為替も大きく動いてしまうことが多くあります。

下の写真は、米国のトランプ大統領の発言によって、数字が動いた写真です。

f:id:Satochinn:20180727230918p:plain

 (※写真小さくてすみません)

突然、価格が下がるような予想ができない環境に勝てるほど、僕はトレードが上手なわけではありません。

 

ここまでなってしまうと情報を仕入れるために最新ニュースを追うことばかり。

そうなると気持ちの消耗戦になってしまうので、僕にはもうお手上げです。

 

辞める理由③「自分への投資」の方がリターンが大きい

「自分への投資」とは、一般的に「読書、旅、人」などと言われています。

自分の能力を高めることで自分の魅力を引き立てるのです。この自分の魅力を引き立てる方がリターンが得やすいのです。

 

お金でお金を増やすには難しさがあります。

投資で1万円増やすためには、100万円持っていたとしても1%以上増やさなければいけません。

 

でも、「自分への投資」で1万円稼げようになるのは難しいことではありません。

なにか能力を身につけて、1万円を稼ぐ力をつければいいのです。僕はここに1番リターンがあると判断しました。

沢山の経験を通して、人間的な魅力を高めたほうが僕にとって有益です。

 

投資を辞めてからは、自分のためにお金を使おう

これから僕は「自己投資」を行ってみようと思います。

自己投資は自分にとってリターンが生まれる投資のこと。

  

自己投資は高い価値に生まれ変わるか、価値がないものになってしまうのか、どれだけのリターンがあるか分かりません。

でも、自分に必要なのは、できる限りのお金を自分のために投資すること。

それが今の僕に求められていると判断しました。

 

さとちん