さとちん

さとちんライブラリー

”不労所得と生きていく”

芥川賞受賞作「コンビニ人間」は、僕たちが「普通」でいることを考えさせる

芥川賞受賞、発行50万部突破の『コンビニ人間』を読みました。

『コンビニ人間』は同じような服を着て、同じような意見を持って、同じ行動をする「普通」とは何かについて教えてくれる。

 

僕たちは「普通」でいることで、みんなから抜きん出て、叩かれることから逃げているのかもしれない。

 

コンビニが「普通」の人間にしてくれる

主人公、古倉恵子36歳未婚。

彼女は大学時代に始めたコンビニのバイトを18年続けている。

恵子は奇妙がられる子供だった。恵子にとっては「普通な」ことがみんなにとっては普通ではなかった。

 

コンビニのバイトは普通の人間として生きられる場所であった。

ある日、新入りの男性がやってくる。彼はコンビニのバイトを底辺とみていた。

しかし、そんな彼も「普通」になれないでいた。

 

自分が「除け者」にされる感覚

コンビニ人間として生まれる前のことは、どこかおぼろげで、鮮明に思い出せない。

出典:コンビニ人間

両親も主人公の恵子がどうすれば「普通」な子として育ってくれるのかをいつも心配していた。

恵子の両親は普通の子どもを育てている安心感を求めていた。

 

恵子が出会ったコンビニのバイトは彼女を「普通」でいさせてくれるものだった。

コンビニ店員として働くまでの彼女は奇妙がられる子だった。

その奇妙という特徴は、他者からは「異物」とされていた。

 

あっ、私、異物になっている。ぼんやりとそう思った。

出典:コンビニ人間

36歳にもなり、周りの友人や知人は結婚や仕事の話を始める。

しかし、彼女は一度も彼氏ができたこともなく、コンビニのバイトをし続けている。

そこで彼女は周りとの違いを感じてしまう。

「普通ではない」、私は異物になってしまっている。

 

普通に就職して、家族を持って、子育てをする、世間一般の道から外れてしまった時、社会から必要とされない「異物」の評価が下される。

僕たちは「普通」で居ることが強制されている。

 

コンビニが「普通」の評価をしてくれる

私はふと、さっき出てきたコンビニの窓ガラスに映る自分の姿を眺めた。この手も足も、コンビニのために存在していると思うと、ガラスの中の自分が、初めて、意味のある生き物に思えた。

出典:コンビニ人間

コンビニが、彼女を社会で意味のある者へと表現してくれる。

社会から除け者とされた彼女が「普通」に生きていくことができる。

コンビニのレジ打ちやにおい、音。それは彼女のすべてになっている。

彼女はコンビニの一部であることが、彼女を普通にさせてくれるのだった。

 

普通でないは悪いことではなく、一つの道。

 「いい大学に行って、いい会社に入らないと大変だよ。」

それが親や世間から教えられる「普通」の人だろう。

しかし、僕たちは「普通」でいたいのだろうか。

 

この時代に普通でいることはむしろ難しいと僕は思う。

少子高齢化、リストラ、人工知能、ブロックチェーンなど一年先も見えないこの現代で「普通」でいることができるのか。

 

「普通でない時に悪いコトではなく、それも1つの道である」と許容される社会になれば、僕たちはもっと生きやすくなると思う。

僕たちは普通でも普通でなくても、負担を強いられることはない。

 

さとちん