さとちん

僕が大学2年の時の恋は好きな人に告白もできないまま、終わってしまった

告白

こんにちは、さとちんです。

僕は好きな人ができて、告白ができずに恋が終わったことがあります。

だから、僕が過去の自分に伝えたいことを書いてみました。

過去の自分に伝えることはできないけれど、これから同じ境遇の人の手助けになればいいかなと思ってます。

 

告白もできないまま、友達としても離れていった

 結論から先に述べると、僕の恋はうまくいかなかった。というよりも僕が彼女に告白をする前に、友達としての距離から離れてしまった。

これ以上、友達に戻ることはできないし、恋人になることは100%ありえない。

 

淡い恋といまも残り続ける後悔の日々。

僕が一歩踏み出せば、今が変わっていたかもしれない過去の記憶。

これからする話は、僕が大学2年生だった時の話。

 

彼女との出会いは一目惚れに近かった

僕は大学2年生の時、Aさん(好きな子の名前を伏せてます)を好きになった。

Aさんは、もともと同じ大学の人ではないけれど、あるプログラムで「1年間だけ」僕と同じ大学にやって来た。

 

Aさんは綺麗と言う言葉が一番に似合う美人だった。

容姿だけでなく、どこにでも飛び込む行動力とやさしさと厳しさのある性格も兼ね備えていた。

一点の曇りもないほど、素敵なひとだった。

 

Aさんとは、学校で会って話すだけでなく、共通の友人とご飯を食べたり、一緒に買い物に行ったりもした。

いつもの他愛もない会話も目を合わせて、うなずきながら、話を聞いてくれた。

 

同じ学年として、勉強やサークルで会う日には、笑顔で一緒に話をしながら、熱心に課題に取り組んでいた。

一緒にいて、楽しい時間を過ごすことができて、僕がAさんを好きになるのは時間の問題だった。

 

僕は彼女に「告白」する勇気がなかった

告白 夜景

話をしていて楽しいし、一緒に出掛け、僕はだんだんとAさんを好きになっていた。

 

でも、始めに言ったように、Aさんはたった1年間だけの繋がりで、その期限が終わると、離れ離れになってしまうことは決まっていた。

そのタイムリミットを頭にかすめながらも、僕は何も行動ができないまま、一年が過ぎていった。

 

結局、僕は彼女に「スキです。つきあってください。」と告白することができなかった。いや、僕は彼女に告白する勇気がなかった。

自分が傷つくことを考えて、友達としての関係が崩れるのを怖がって、何も行動を起こすことができなかった。

  

Aさんへの想いを伝えきれず、Aさんは元いた場所へと帰っていった。

 

彼女とは友達としても離れ離れになってしまった

Aさんは1年間のプログラムが終わり、彼女は実家へと帰っていった。

 

プログラムが終わってからも、今までの思い出や就職活動について語るなど、LINEで連絡を取りあっていた。

むしろ、今まで以上に、彼女と連絡する機会や回数は増えたぐらいだ。

好きな人とふつうにLINEできた時は本当にうれしかった。

 

数週間も経つと、2人の共通の思い出を語りつくして、話すことが無くなってきた。

ついには、お別れの時と同じようにに、「もう会えないね。」という言葉を使うようになった。

その言葉と同じように、僕とAさんはしだいに連絡が少なくなっていった。

 

今は、話すことも、連絡することもない。

僕はAさんに告白もできずに、友達としても離れ離れになった。

 

あの頃の僕に、「気持ちだけでも伝えとけ!」と言いたい

f:id:Satochinn:20180613172954p:plain

好きだった子に想いを伝えることができず、友達としても接することも出来なくなってしまった。

悲しい経験があるから、僕は過去の自分に言いたい。

「気持ちだけでも伝えとけ。しない選択はいつまでも心残りになってしまうぞ。」

 

 もし、好きだという真摯な気持ちを伝えて、彼女に振られたとしても、その行動は自分の自信につながるし、彼女は嫌な気はしないだろう。

彼女が「いいよ。」と言ってくれたら、彼女と付き合えるわけだし。

 

でも、「してはいけないことは、きちんと自分の想いを伝えないこと」

好きという告白をしなければ、誰も傷つかないし、ずっと友達としてもいられるし、その時はいい判断をできたと思えるかもしれない。

本当にその判断は適切だったのだろうか、僕は心のつっかいが取れずにその後悔をいつまでも抱え続けている。

 

僕はこの後悔をいつまでも残して生きていくんだろうな。

未来の自分や今迷ってる人が、勇気を出して自分の想いを素直に伝えれれるようになることを今の僕は願っているよ。

 

さとちん