さとちん

さとちんライブラリー

”過去の僕を明るく、今の僕が楽しく”

勉強の3日坊主は『「1日30分」を続けなさい!』

 学生はどうしても宿題や勉強をしないといけない。

でも、そのやる気が続かないんです。分かっていてもできない!

勉強しようと思ったら、携帯に手が伸びている。

そんな自分を変えたいと思い、僕はこの本を手に取った。

 

 

勉強をどうすれば続けられるか?

 三日坊主にならず勉強を何年も続けていくコツは、毎日たくさんの勉強をせずに、30分や1時間程度でいいので習慣化し、何年も続けていくことです。

出典:「1日30分」を続けなさい! (だいわ文庫)

第1章 人生は勉強したものが勝つ!

 「勉強は30分でいい。」それを続けることが大事。

いつも勉強しない人が急に勉強を始めようとするからできない。

だから、毎日30分、机の前に座ることから始めれば、勉強が苦じゃなくなってくる。

それを継続するほうが大きな力となって自分に返ってくる。

 

 僕もブログを「継続させる」ことに力を入れてみよう。

一気に書くのではなく、少しずつ自分のペースで記事を書いていこう。

 

いつ勉強すればいいか?

 「いかに効率よく知識を吸収するか」ということを考え続けた結果、「集中力が高い状態の時に勉強をして、集中力が低いときには勉強を避けるべきだ」という結論に達しました。

出典:「1日30分」を続けなさい! (だいわ文庫)

第3章 勉強に集中する方法

  「集中力の低い時は勉強をしない」

勉強時間は長ければいいみたいな習慣があるけれど、短い時間で高い集中力を発揮することが大事だと理解した。

集中力が低い時は勉強をしない潔さも取得した。

自分で集中力が高まる時間帯を把握することの大切さも説かれていた。

 

 勉強をしないことにはいつ自分が勉強に集中できるのか分からない。

勉強しようと決めるのではなくて、勉強を「する」ことが大事だ。

ペンを手に持って、机の前に座って、勉強を始めよう。

 

毎日の小さな積み重ねで十分

 休日にブログを書き溜めしたいけれど、集中力が続かない。

一気に書こうとするから書けないのだと分かった。

毎日、机の前に座って作業することをしてみようと思う。

大人になっても勉強し続ける著者に少し感動を覚えた。

 

さとちん