さとちん

AIと共存できるのか?『棋士とAI』

 最近ニュースで話題のAI(人工知能)。AIの発展は人類をどこへ導くのか。

人とロボットとの共存は果たしてできるのだろうか。

もしくは、ロボットが人間を倒す世界になるのか。

 

 今、人間がAIの発展にどう向き合うのか考える時代になった。

この本で人間とAIの未来について問う。

 

 

本書の内容

 ディープランニング技術で新しい次元に達したAI「アルファ碁」。2016年3月、囲碁対局でAIの能力が人間を超えた。

アルファ碁は人間の未来に多くの可能性と共に、未確定性と課題を残し、多くの問いも投げかけた。

アルファ碁の理解と囲碁に興味を持ってもらいたい。

 

囲碁は言葉以上の対話ができる

 囲碁は古くから「手談」の別名があり、対局者同士にとっては言葉以上の交流ができると実感されてきました。アルファ碁の登場でいろいろなことが再認識を余儀なくさせられるいま、棋士とAI、人間同士の新しい対話が必要とされています。

出典:棋士とAI―アルファ碁から始まった未来 (岩波新書)

Ⅰ「強いAI」の登場

 囲碁は日本、中国、韓国、台湾の4か国でプロ制度がある。囲碁は国によって、社会における様々な役割を担う。更に、言葉がつながらなくとも、囲碁は言葉以上の交流ができる。

 

 囲碁の役割をAIが変えてしまうのだろうか。囲碁にとどまらずAIが裾野を広げ、僕たちの生活を変えていってしまうのだろうか。

しかし、AIは対局者と言葉以上の交流ができない。人は言葉のやり取りを通して、相手の雰囲気、感情などを受け取りあっている。

ここに人間とAIの違いがあるのかもしれない。

 

AIから人間の幸せを考える

 AIは人の生活を変えてしまうのだろうか。著者はこう語る。

人間社会も同じようにAIを上手に利用して、「効率を求める」思考パターンから自由になり、もっと広い意味で人間の幸せを考えられるようになることを願っています。

出典:棋士とAI―アルファ碁から始まった未来 (岩波新書)

あとがき

 AIの登場で、現代の効率をもとめる社会にはいずれ限界が訪れる。AIは答えを最適化し、正しい答えを瞬時に判断している。

今までの正しい答えを素早く求めるやり方では人はAIに勝てない。

 

 著者は、囲碁は「勝ちに近い手」を求める世界からAIの出現で新たなステージに進むことができると語る。

人間社会も同じように効率を求める考えから自由になるという「進化」が必要だ。今、人間の幸せ、生き方を考えるときだ。

 

AIに表現できないもの

 本書では、囲碁棋譜が挙げられていたが、具体的には分からなかった。棋譜には様々なストーリーや感情があると理解した。

 

AIはそのストーリーを解釈し、説明できない。AIが進歩しようとも変わらない囲碁の面白さはある。

著者のあとがきと共に、「AIと人間の共創」が共存のヒントになるかもしれない。

 

さとちん