さとちん

さとちんライブラリー

”不労所得と生きていく”

ビットコインは社会を変える『はじめてのビットコイン』

ビットコインを学ぼう

 2018年1月、ビットコインの市場価値が200万円を超えた。ハッキングによって、多額のビットコインを奪われた。様々なニュースが流れている。

そもそもビットコインとは、仮想通貨とは、具体的には分からない。

僕はこの本を手に取り、考える。

 

 

 

本書の内容

 日本中の注目を集めるビットコイン。この仮想通貨という新たな貨幣システムは、国や規制に縛られない新たな貨幣のあり方を示す。

本書は、仮想通貨は本当に安全なのか、しくみとサービスをわかりやすく解説する。

 

 

ビットコインとは

 まったく新しい発明品のように思えるビットコインと、人類史上、普遍的な価値を持ち続けてきた金の間には、いくつもの共通点があるのです。

出典:はじめてのビットコイン

第2章 ビットコインは新世代の「金」である

金との共通点

  • 総量が決まっている
  • 政府や銀行に支配されない
  • インフレを起こさない
  • 換金性が高い
  • 価値が上昇し続けている

 

 僕は「政府や銀行に支配されない」という部分が大事だと思う。

円やドルの法定通貨は政府や銀行の下で動いている。政府の財政が悪化し、銀行の入出金が止まる。通貨の価値が急上昇する影響を大きく受けることを表している。

最近では、アフリカのキプロスで国の銀行が停止した。一昔までは、アメリカや日本でも銀行の停止が起こったことがある。

 

 日本は現在、財政赤字が続き、1000兆円を超える借金を抱えている。日本の財政赤字はまだ大丈夫だという理由をつけて、いつまでも日本が安泰という理想を持ってはいけない。いつ、何が起こるかわからない。

お金の真実をわかっていなければ、すでにヤバイ。

関連記事:『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』

 

 

ビットコインの安全性とは

 ビットコインには、銀行が使用しているものよりはるかに強力な暗号技術が用いられており、何者かによる偽造や複製をほぼ完ぺきに防いでいます。

出典:はじめてのビットコイン

第2章 ビットコインは新世代の「金」である

 ビットコインは通常ハッキングされるものではない。Coincheckやマウントゴックスで起きた事件は、ビットコインの暗号技術が問題ではなく、企業に責任があったのだ。

つまり、企業の暗号通貨の管理技術が不十分だった。

 

 その点、ビットコインは使用者全員が管理している。

むしろ、人が管理する法定通貨よりも安全なのかもしれない。法定通貨は人が盗もうと思えば、簡単に盗まれてしまうのだから。

 

 

ビットコイン(仮想通貨)は決して危ないものではない

  ビットコインは、取引所の停止や価値の変動が多いことから、危ないものと思われている。しかし、この本を読んでからビットコイン(暗号通貨)は決して危ないものではないと気づくことができた。

 

 人類の技術の発展から生まれたモノは僕たちの運命を変え、生活を変えてきた。まさにビットコインとそれに関連するサービスは現代を変える力を秘めている。

 

 自分を自分で守る日が近いのかもしれない。 

国がすべてを助けてくれるという幻想に僕たちは気づかなければいけない。

 

さとちん

 

 

投資の大切さ

関連記事:『お金の教養』 - さとちんライブラリー