さとちん

勉強の大切さ『20代は勉強に狂いなさい!』

 勉強の大切さを理解

 勉強はどうしても一人での戦いになってしまう。

そんな中、どれほど頑張れば自分の結果が出るだろう。

勉強を重ねることの大切さは分かっているけれど、自信がない。

そこで僕はこの本を手に取りました。

 

本書の内容

 ビジネスパーソンの一生は20代で決まる。

すごいと思う人の共通点は、20代で壁にぶつかっても決して逃げなかったことだ。

そんな彼らが未来のダイヤモンドになるのか鉄くずに止まるのか。

その結果は、いま、20代で決まるのだ。

 

 

未来ある自分への投資

 ビジネスオフをどう使うか、それで将来が決まるといってもいいだろう。

 たとえば、オフになるといつも寝てばかりいる人間と、これ幸いと語学や専門テーマの研究にと図書館通いを続けている人間とでは、これは誰が見ても一年経ったらかなりの差がついているとわかる。

出典:20代は勉強に狂いなさい!

第3章 なりたい自分になるための実践戦的勉強法

 ビジネスオフをしっかりと利用する。

学生であれば、宿題や課題、アルバイトが終わった後。

自分の時間を浪費せずに未来への自分へ投資する。

若い時にたくさんの投資と挑戦を繰り返すことが重要である。

一年後、また、振り返ってみよう。

 

 それが「未来の自分が花を開く」ための種となるのである。

 

 

時間をかけて自分を磨いていく

 私はスペシャリストとしてのデビューが早ければいいとはけっして思っていない。早熟の場合、えてして才能も早く枯渇するケースが少なくない。逆に遅咲きの人間は下積みというか基礎を磨く時間が長かったから、一度花開くと長持ちすることが多い。

出典:20代は勉強に狂いなさい!

第5章 プロのスペシャリストになる勉強法-「高く売れる能力」を身につける!

 成功の花が開くのは、いつになるのか分からない。

それが早く咲いてしまうかもしれない。

そこで大切なのは、基礎をどれだけ磨いているか。

スポーツでさえ、基礎の土台がしっかりあることで長い期間活躍することができる。

 遅咲きでもいい、しっかりと自分を高めていこう。

 

 

大人になっても成長を持続させるには

 本書で学んだことは、20代での挑戦はしっかりと基礎の根を張っているということである。

いつ、その根が大きく成長するか分からない。

今、大切なのはしっかりと行動して動き続けることだ。

学生時代に有名だった人が大人になっても、有名であり続ける人は限りなく少ない。

活躍を持続させるには、勉強をし続けることが必要なのだろう。

 

さとちん