さとちん

さとちんライブラリー

”過去の僕を明るく、今の僕が楽しく”

お金に不安を持っていた僕『働く君に伝えたい「お金」の教養』

1.お金の不安はなくならない

 学生生活で親からの仕送りとわずかながらのバイトの給料。

自分の収入と支出のバランスを考えずに日々の生活を生きているとおもった。

自分の財布の中身について考えてみよう。

買い物をするときに、自分の財布からお金が無くなっていくのが嫌なのは誰も一緒だ。

 

2.お金持ちになりたい

 お金持ちになりたい(お金に困りたくない)という夢・願望がある。

それを実現するためにはなにが必要かなと疑問を持った。

 

本書の内容

 ライフネット生命社長の出口治明が20代の若者に、「将来の不安」=「お金の不安」について尋ねられたことからこの本が生まれた。

本書のテーマはお金で不安に思うことなく、楽しく生きていけるようになること。

つまり、お金に支配されることなく、お金を支配できるようになること。

 

 就職してからだけでなく学生の時でさえ、お金を持って生きていく。

恋人と付き合うよりも長く、一生をかけてお金と付き合う。

そんなお金との向き合い方を語る。

 

「お金」を3つに分ける

手取りでもらったお金を『財布』『投資』『預金』の3つに振り分ける 。

出典:働く君に伝えたい「お金」の教養 第2章「使う」編

 手取りでもらったお金をどのように使っていけばいいのか、本書ではシンプルに3つの原則で説明されている。

 

財布=日常で使うお金

「その日に必要なお金を入れておく場所」

数日から一週間分程度のお金をいれておく。 

いつも通りの生活をするためのお金を持つというイメージ。

 

投資=なくなってもいいお金

「お金への投資」と「自分への投資」(例:英会話、読書、資格など)

1ヶ月で無くなってもいいお金を投資に回すことも大事な習慣である。

自分を成長させるための投資と分かる。

 

預金=流動性の高いお金

預金は必要な時にいつでも銀行から引き出せることに最も価値がある。

自分のセーフティーネット(目標金額)とその期限を決めなければ 、いつまでたっても投資にお金が回らない。

 

貯め込もうという幻想

「貯め方」を学ぶ前に、まず「貯め込もう」という考え方を捨てるところからはじめましょう。というのも、みなさんを見ていると、お金に対する不安のひとつに、「貯めることへの執着」があるような気がしてならないのです。

出典:働く君に伝えたい「お金」の教養 第3章「貯める」編

 「毎月いくら貯金しなければいけない」、「老後のために3000万必要だ。」という言葉をそのまま受け取って、多くのお金を貯蓄に回している人がいる。

そのお金は本当に必要なのか?と一度立ち止まって考えてみることから始めよう。

毎月3万円貯めるよりも「毎月入ってくるお金」を増やす方が生活も豊かになり、

不安がなくなるとも書かれている。

 

お金の使い方を考える

 投資と考えると、「お金の投資」ばかり考えていた。

しかし、「自分への投資」には無限の可能性があるのだとわかった。

自分への投資は見えなくて結果が見えにくい。

 

 将来どこかで役に立つと思って自己投資を続けてみようと思う。

お金に関して、いくら貯金があることが大事だとそのまま受け入れて、

しっかりと考えていない自分にも出会えた。

 

さとちん

 

 

*さとちんdiaryは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。